エピックの電子錠の設置できるところ

エピックの電子錠の設置できるところはどこ?チェックしてまとめてみた

この記事の対象

この記事は

  • エピックの電子錠が設置できるところはどこか知りたい
  • エピックの電子錠を取付できない条件はあるか知りたい
  • エピックの電子錠を設置できるか判断したい

このうようなことを思っている人におすすめです。

『エピックの電子錠』の設置できるところには、どのような場所に対応しているか知りたいですよね。

購入してから設置できなかった場合は目も当てられません。

だから事前に設置場所に対応しているのかは、チェックしておきたいものです。

そこで『エピックの電子錠』の設置できるところについて調べてみました。

エピックの電子錠の設置できるところ

エピックの電子錠は、様々な場所のドアに設置することができます。

ただし、設置できない条件もあります。

室外機の部分に直接雨があたる玄関への設置はできません。
(庇【ひさし】などがあれば問題ありません)

室内機の部分は防水ではないので、室内機も屋外となるところには設置できません。

この2つの条件に合致すると設置はできないので注意が必要です。

上記の条件に該当しなければ、一軒家の玄関、マンション、オフィス、倉庫等のほとんどのドアに設置することが可能です。

公式サイトには、自分で設置できるかを判断できる「取付チェック」ページが用意されています。

電子錠を取り付けたいドアのタイプを調べることで、設置可能かどうかがわかります。

設置できるドアかどうかわからない場合には、ドアの写真から設置できるか判断してくれるサービスもあります。

「設置判断フォーム」からドアの写真を送ることで、電子錠設置ができるかを折り返し連絡してくれます。

エピックの電子錠をチェック

設置工事

エピックの電子錠は自分で取り付けることができます。

公式サイトにも取付方の手順を公開しているページがあります。

また、自分で設置するのが不安な方や、万が一失敗したらどうしようという方に向けて、設置工事も用意しています。

設置工事の依頼の手順

1:設置したい扉の写真を、「設置判断フォーム」より送信

2:設置可能であった場合は、購入したい商品を選んで購入

3:設置業者からの連絡があり、工事の日程を打ち合わせ

4:工事当日に設置業者が商品を持って来て施工(※工事には依頼者が立ち会う必要あり)

このような流れになります。

設置工事を依頼する場合は、場所によっては2週間前後の日にちがかかる場合があります。

電子錠設置の導入事例

実際にエピックの電子錠はどのような方が導入しているのでしょうか?

公式サイトに事例があるので、導入イメージを掴むために一部紹介します。

引き戸へ新規で穴を開けて設置

新築物件に設置

事務所の入り口に新規設置

セキュリティの強化、会社の資料室へ導入

こういった電子錠設置の事例があります。

エピックの電子錠の設置に関するQ&A

アパートやマンションなどに設置できる?

設置するには、管理会社の許可が必要になります。

許可なく勝手に電子錠を取り付けることはできないので、注意が必要です。

賃貸だけど現状回復することはできますか?

電子錠を取り付けるにあたっては、ドアに穴をあけるために現状回復することはできません。

だから、電子錠を取り付ける場合は管理会社や大家さんの許可が必要になります。

取り付けられるか判断できない

電子錠本体を取り付けるスペースさえあれば、ほとんどのドアに取り付けは可能です。

取り付けの判断が難しい場合は、ドアの写真を撮って送ることで取り付け可能かどうかを判定してくれます。

写真での設置判断はこちらから⇒「設置判断フォーム

エピックの電子錠のお買い得情報

エピックでは、お得な値段の「B級品」が用意されています。

「B級品」は、ちょっとした傷や汚れがありますが、使用には全く問題ありません。

台数に限定があるため、早めにチェックしてみてください。

エピックの電子錠をチェック